ロボット・イン・ザ・ガーデン

created by Rinker
¥918 (2019/09/22 13:45:46時点 楽天市場調べ-詳細)

プーレーミーアームー!
飛行機のプレミアム席に乗りたいとダダをこね、ジタバタするタング。

ダメだ。可愛い、かわいすぎる。誰かと、この可愛さを分かち合いたい。

両親が事故で亡くなってから、獣医になるための勉強を中断し、家で何もせず過ごしていたベン。弁護士の妻、エイミーはそんなベンに苛立ち、夫婦の関係は崩壊寸前だった。

そんなある時、ベンは家の庭先にレトロな形状のロボットがいるのを見つけた。

タングと名づけられたロボットは、作中に存在する高性能のアンドロイドと機能は程遠かったが、ベンは他のロボットにはない何かに惹きつけられる。

このロボットはなんのために作られたのか。ベンは、無職で時間があるのをいいことに、タングの作り主を探す旅行に出ることにした。

ベンがね〜、ダメな男でね〜。そりゃ奥さんに見放されるわ。仕事もせんと、庭先に現れたポンコツ(っぽい)ロボットを構ってばかりで、家事もせず。

作り主を捜す旅行でも、段取りが悪くて悪くて、飛行機の乗り継ぎも上手くできないし、ボロッボロのホテルに行き当たりばったりに泊まって、散々な目にあったり。

それでも、タングと一緒に旅をして、言うことを聞かないタングに振り回られたり、1人ホテルに置いていったタングがパニックになって、ヒドイことしちゃったなと反省したりしているうちに、徐々にベンは変わって行く。

何せタングが可愛いからね。クライスラーのダッチ・チャージャーに乗って「ワイルドで行こう!」をキャーキャー言いながら、ノリノリで聞いたり。

日本で地下鉄に乗って、駅に停車するたびに流れる到着メロディーに、足をぶらぶらさせながら大喜びしたり。

こんな可愛いロボットがいたら、そりゃ、ベンの父性だって目覚めちゃうよね。

実はずっと、両親の死から立ち直れていなかったベン。自分ですることを決めたタングの作り主を捜すという旅を通して、やっと自分を振り返り、妻との関係も見直すことができるようになる。

旅を終えて帰ってきてからは、また、一波乱。

エイミーの妊娠に関わるあれこれで、タングがまさかの大活躍。まさか二人の父親候補よりもタングが、エイミーに必要とされる存在になるとは。

ベンもタングもお互いを通して成長し、大切なものに気がつけて良かったね。

ダメダメ夫とポンコツロボットのロードノベルは、かけがえのない家族を見つけるためのものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です