ゴールドマン・サックス流 女性社員の育て方、教えます

ゴールドマン・サックス流 女性社員の育て方、教えます
created by Rinker

あの西原理恵子とゴールドマンサックスのエリートストラテジストが同じことを言っていて少し可笑しくなってしまった。女性たちに「白馬の王子様は迎えに来ないよ。自分で生きる力を身につけなさい」だそうだ。興味深いのはこの少子化の時代に彼女たちはどちらもお子さんが複数いらっしゃるのである。

続きを読む

コンビニ人間

created by Rinker

読んでいると突然変異で先祖返りしてしまった野生の生き物がうっかり人間社会に紛れてしまったのを見ているような感覚に陥った。野生の生き物が幸せを追求するために生きているのではなくただ生きるために生きているように、主人公はあるがままの自分を理解して周囲との齟齬があるのを理解しながらもそのまま生きるしかないのだ。

続きを読む

アルツハイマー征服

created by Rinker

朝の経済ニュースを見ていたら本書に登場するエーザイを含めた大手製薬会社株の特集回だった。コロナウイルス対策により、大手製薬企業株は手堅い動きが見込まれると述べながらも最後に記者が言った言葉が印象的だった。この業界はあくまでもハイリスクハイリターン、そのことを忘れないように。

続きを読む

あなたに似た人

created by Rinker

最近のニュースでNetflixがロアルト・ダールの全作品の権利を入手したと聞いた。話題のオリジナル作品も多く生み出す映像ストリーミングサービスの雄が、今、ロアルト・ダールを欲しかったんですか、そうですかと興味深かったのだがこの本を読んで確かに今だに面白いものねと納得したのである。

続きを読む

ザリガニの鳴くところ

created by Rinker

子供の頃には動物に育てられた子どもの話をいくつか見たり読んだりした気がする。今になって調べてみるとセンセーショナルな内容に対して実際には真偽を疑われるようなケースも多いようだ。最近あまりその手の話を聞かなくなった気がするのは、当時の話は途上国に対する物見遊山やスラムツーリズム的な視点があり、真偽も含めいかがなものかということになったからだろうか。

続きを読む

黒武御神火御殿

黒武御神火御殿
created by Rinker

久しぶりの宮部みゆきである。三島屋変調百物語六之続。語り部がおちかから富次郎に変わっている。この手のシリーズで主役が変わるってどうよ?あんまり聞いたことないんだけどと思っていたがそこは宮部みゆきさんである。違和感を感じさせずに物語は進む。

続きを読む

ほんのちょっと当事者

ほんのちょっと当事者
created by Rinker

的確なタイトルであると思う。専門家でなく、第三者でもなく「ほんのちょっと当事者」。読んでいると少し不安になる。この微妙な不安感は著者自身がそれぞれの問題に片足もしくは両足を非常に無造作に突っ込んでいて、この人いつか足を取られて転ぶんではないかと感じるからだ。

続きを読む

シスターズ・ブラザーズ

シスターズ・ブラザーズ
created by Rinker

このあいだ観たジョーカーのホアキン・フェニックスがあまりに良くて彼の出演作を調べてみると、グラディエーターの皇太子役が良かったらしいとか、この本が原作のゴールデンリバーが良いという評判を聞いたのである。こういう時は優先してその本を読むことにしている。本との出会いはタイミングだ。結果この小説も非常に良かった。良い作品は良い作品を呼ぶのだ。

 

続きを読む