そしてミランダを殺す

created by Rinker
¥1,210 (2019/11/16 02:00:11時点 楽天市場調べ-詳細)

面白い!この本がミステリーとしてとても上質でありつつどこか痛快さも兼ね備えているのは、一見か弱い女たちが財力があったり力強いはずの男たちをいいように手のひらで操りに操りまくっているからだ。まあ、この女たちのたくましさに比べ、男たちの情けないことよ。 続きを読む

孫と私のケッタイな年賀状

created by Rinker
¥935 (2019/11/15 21:02:18時点 楽天市場調べ-詳細)

生きていると、大体の人には大なり小なり季節ならではのイベントというものがあるだろう。お正月、衣替え、夏休み、お盆、お彼岸、クリスマス、大掃除、年越し。

続きを読む

なに?!この人間の業を煮詰めたようなファンタジー。胃もたれしすぎて消化できない。愛欲、性欲、食欲、事業欲、支配欲、恐怖、後悔、懺悔、憧れ。そんなものを不思議の箱に入れてデカイ棒でグリグリグリグリとかき混ぜたら、ハイ!   出来上がり、ってそんなもん飲み込めるかー! 続きを読む

残像に口紅を

created by Rinker
¥817 (2019/11/16 02:00:11時点 楽天市場調べ-詳細)

大抵の小説は主人公に理不尽に障害が襲いかかり、そのことを克服することでドラマが生まれるわけだが、この小説は一味違う。なんと理不尽な状況に主人公を追い込むのは主人公自身なのである。 続きを読む

東京會舘とわたし 上・下

created by Rinker
¥803 (2019/11/16 02:00:12時点 楽天市場調べ-詳細)
 
created by Rinker
¥803 (2019/11/16 02:00:23時点 楽天市場調べ-詳細)

よく建物は人がいなくなると急に傷むと言われる。その意味では東京會舘は長い時間をかけて多くの人の営みが詰まっている。いくら時間が経っても、二度の建て替えを経たとはいえ、古びることはないだろう。

続きを読む

ザ・ボーダー 上

created by Rinker
¥1,425 (2019/11/16 02:00:23時点 楽天市場調べ-詳細)

世の中には関わり合いになりたくない事柄というものがある。暴力に関係する人や事。貧困にまつわる不幸な事柄。巨大な資金が動くイリーガルな世界。

続きを読む

おらおらでひとりいぐも

created by Rinker
¥1,320 (2019/11/15 13:29:59時点 楽天市場調べ-詳細)

オペラみたいな小説だ。壮大なひとりオペラ。

語られる東北弁が雰囲気を出し、身のうちに抱える自分自身が小腸の絨毛突起のようにふわりふわりとたゆたいながら自らに語りかける。 続きを読む

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍

created by Rinker
¥946 (2019/11/16 03:40:19時点 楽天市場調べ-詳細)
 

なんだかおかしいなとずっと思っていたのだ。ヒトラーがただの狂人だったというのなら、どれだけの権力を握っていたにせよ、1人の狂人にすべての人が支配され、止めることが出来なかったなどということがあるものだろうかと。 続きを読む

リリーマルレーンを聞いたことがありますか

戦時において歌とは、軍歌として勇ましく士気を上げるためのもの、反戦歌として戦争の悲惨さを訴えるもの、どちらかだろうと漫然と思っていた。 続きを読む