春にして君を離れ

created by Rinker

ネタバレを含みます。

こんなこと言ったら怒られてしまうかもしれないがつい思ったのである。このアガサ・クリスティって橋田寿賀子みたいじゃない?思い込みの強い登場人物が、人の人生についてすぐああだこうだ言うあたりが。

続きを読む

うつ病九段

うつ病九段
created by Rinker

人は仕事をする上でさまざまな商売道具を持っている。職人の手先の器用さ。営業の人当たりの良さや押し出しの強さ。俳優の美貌。アスリートの身体能力。将棋について言えば、間違えなく商売道具は著しく高度に働く脳だろう。

続きを読む

詩歌川百景

これぞ吉田秋生の真骨頂だ。静かに怒りを抱える美少女と人生の哀しみの意味を知る青年。日常には彩りがあり、人々は若くても年老いていても、みな逃げられない過去を抱えている。

続きを読む

すばらしい新世界

面白かったなあ。ぼーっと読んでしまったが、ぼーっと読んだにもかかわらず、あれだけ主体が変わるのに理解しやすくて、現代にも通じていて興味深く、新訳とは言え古い小説であるのに全く違和感がなかった。やはり古典SFの名作であり20世紀の英文学を代表すると言われる評判は伊達じゃないのだ。これは買うかな。

続きを読む

イスラム飲酒紀行

イスラム教の国というのはこんなにバリエーションがあるものなのか。パスポートも持たずいい歳になってしまった自分としては高野氏の『人が行かないところに行き』の精神にいつも感心するばかりである。

続きを読む

僕たちが選べなかったことを、選びなおすために。

この人のことを知ったのは境遇が先だったか、パンチのある人生相談が先だったか。著者はカメラマンで妻と子のいる30代の男性である。多発性骨髄腫という血液の癌を患って余命宣告をされているそうだ。

続きを読む

だから、もう眠らせてほしい

最近SNSなどを見ていると、末期の癌患者であるという本人発信の書き込みを見ることが時々ある。以前は末期癌患者本人の意思に直接触れることはほとんどなかった。

続きを読む

仏陀の鏡への道

小さい頃にインディー・ジョーンズシリーズを見ていて、なぜ彼は作品が変わるたびに恋人が変わるのだろう。前のあの人とはどうなったんだ!と憤慨したものである。本作でニール・ケアリーは猛烈な恋をする。ニール・ケアリーお前もか!つい、そう思ってしまった。同窓生だったあの子のことはどうするんだ。

続きを読む