2019年 面白かった本

2019年滑り込みで、すごい本を読んでしまった。短いセンテンスで簡潔に自然の美しい情景を描きながら、多角的な視点と構成で高いストーリー性を持っている。まだ咀嚼しきれていないが「すべての見えない光」は素晴らしい。飲み下しきったらレビューを書こう。

続きを読む

カガミジシ

created by Rinker
¥1,650 (2020/07/14 05:25:21時点 楽天市場調べ-詳細)

小さい頃はシートン動物記とファーブル昆虫記と椋鳩十をよく読んでいた気がする。シートンは狼が出てくるのが好きだった気がするのだけど、椋鳩十は何を読んだのか覚えていなかった。

続きを読む

人はみな妄想する

created by Rinker
¥3,520 (2020/07/14 06:00:43時点 楽天市場調べ-詳細)

この著者はなぜすぐに周知の通りとか、これは常識であるとか言うのだろう。最初は、いや知らねーよ笑、とか別にそれ万人の常識じゃないからね笑、とかツッコミながら読んでいたのである。

 

続きを読む

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

created by Rinker
¥1,485 (2020/07/13 22:55:47時点 楽天市場調べ-詳細)

このイカしたタイトル。著者の中学生の息子くんがノートに走り書きした一節だというのだから恐れ入る。

 

続きを読む

国宝 上・下

created by Rinker
¥1,650 (2020/07/13 14:00:35時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2020/07/13 14:00:35時点 楽天市場調べ-詳細)

本を読むとき、レビューを書くために気になったエピソードやキーワードをメモしながら読むことが多い。この本は上巻の最初こそ少しメモを取ったが、下巻からはまったくそんなことをする気にならなかった。

 

続きを読む