辺境メシ

created by Rinker
¥1,620 (2019/08/23 03:44:27時点 楽天市場調べ-詳細)

行き当たりばったりにかけては右に出るものはいない高野氏。持ち前の行動力で渡り歩いた世界中で、いろんなものを食べる。日本人がゲゲっと思うものから、現地の人がアタシそんなもの食べないよと言うものまでなんでも食べるのだ。 続きを読む

解錠師

created by Rinker
¥1,015 (2019/08/23 03:44:27時点 楽天市場調べ-詳細)

現在と過去を行ったり来たり系小説。たまたま2冊続けて読んだのだが、この手法ってボーッとしてる時期に読むとストーリーにおいてきぼりをくらいがち。もしくは、もともとアタマが悪くて、ついていけてないだけか笑。 続きを読む

沼の王の娘

created by Rinker
¥1,080 (2019/08/23 03:44:50時点 楽天市場調べ-詳細)

これが有能な猟師である父親に憧れる子どもが、父親に猟師としての英才教育を受ける話であればどれだけ良かったか。娘は確かに父親を愛し憧れていたが、父親は彼女の母親を誘拐し監禁して子産ませた人物だった。 続きを読む

宝島

created by Rinker
¥1,998 (2019/08/23 00:54:37時点 楽天市場調べ-詳細)

骨が太い!長編!しかし消して読みづらいことはなく、純粋に楽しめる。精霊のようなものたちの形をとった語り部の語り口のおかげだろうか。その様子は沖縄ならでは「なんくるない」の視点を持ちながら、厳しい現実をつまびらかにし、しかし登場人物たちをずっと見守るものである。 続きを読む

死ぬこと以外かすり傷

created by Rinker
¥1,512 (2019/08/23 00:55:13時点 楽天市場調べ-詳細)

最近何かと話題の編集者である。いや、むしろ編集者とはなんなのかと考えさせられる人である。幻冬社の社員として「多動力」「お金2.0」「日本再興戦略」「メモの魔力」など多くのベストセラーを世に送り出している。 続きを読む

暗殺者グレイマン

created by Rinker
¥756 (2019/08/22 17:18:47時点 楽天市場調べ-詳細)

あんまりにも梅雨が梅雨らしくて腐りそうだったので、何か景気のいい派手なもの読みたいと呟いたら教えてくれて人がいたのだ。素晴らしい!これですよ、今、私が読みたかったのは。 続きを読む

夜市

created by Rinker
¥561 (2019/08/22 08:44:46時点 楽天市場調べ-詳細)

夏の祭りには独特の雰囲気がある。流れる祭囃子。群れる人々。どこまでも続くように思われる出店にはおいしそうな食べ物、怪しげなおもちゃ、可愛らしい生き物。雑多に陳列されたそれらは非日常感を醸し出し、夜の暗闇も手伝って、町はいつもと別世界の様相を見せる。 続きを読む