火星の人

なんかおかしいなと思ったら、下巻から読んでた。
気を取り直して上巻から読み直したら、コメディなのかこの話は笑。
SF読んで、声出して笑うと思わなかった。映画「オデッセイ」の原作。
火星に一人取り残された宇宙飛行士のサバイバルストーリー。

 
映画見てないけど、もっと悲壮な孤独感とか漂ってるのかと想像してた。

『ソル37
最悪だ、もう死ぬ。
よし、落ち着こう。絶対なんとかなる。』

なに、その切り替え能力 笑。山積みの課題を一つずつ解決しながら、同僚たちの残していった音楽やドラマや小説に、ハマったり文句言って茶化したり。このユーモアと前向きな感覚こそ、植物学者や機械工学の知識より、得難いものなのではないかしら。

能力の高い人間は、何に力を使うべきなのか。宇宙飛行士について考えると、いつも頭に浮かぶ疑問だ。

NASAのエンジニア達が、製造メーカーにいたら、その企業の技術は飛躍的に発展するのか。

宇宙飛行士になった医者達が、そのまま治療を続けたら、より多くの患者を救うことが出来たのか。

経営者になったら、その企業は大きく業績を伸ばすのか。

文中で、NASA長官のテディ・サンダースが、ヒントをくれた
「宇宙飛行士は本質的に頭がイカれている。そしてじつに気高い」。

どんなに危なくても、それほどは儲からなくても、宇宙に行きたいし、仲間はどんなに合理的でなくても見捨てないのね。

なるほどじゃあ仕方ないですね。ああ面白かった!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です