葉桜の季節に君を想うということ

人に勧められて、内容を確認することもなく、タイトルから想像して恋愛ものかと思って読み始めた。そういえば恋愛ものを勧めるようなタイプの人ではなかった。思い込み。

created by Rinker
¥784 (2019/10/24 08:44:30時点 楽天市場調べ-詳細)

元私立探偵の成瀬将虎は通っているスポージムの会員の久高愛子から、身内の事故死に悪徳商法が絡んでいるのではないかと捜査の依頼をされる。そんな折に地下鉄で自殺しそうになっている麻宮さくらを救い運命的に出会う。

これは内容書くのも、感想書くのも難しい。妙に軽くテンポのいい文体も、登場人物たちの造形も全ては「アレ」につながっているのね。読解力についての本読んだばかりだから、一瞬自分の読解力はそこまでないかと疑った。いやいや、これは違う。

ハードボイルド、ミステリーとしての構成がお見事な作品。内容について言えることはあまりない。だいぶ流行った本のようなので既読の人も多いのでしょうが、未読の人はとりあえず読んでみたらいい。面白くて、唖然とさせられますよ。ここまでやられると気持ちがいい作品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です