罪の名前

created by Rinker
¥1,265 (2020/07/13 13:16:40時点 楽天市場調べ-詳細)

これは面白い。そして上手い。良いモノを教えてもらった。初読みの作家さんである。元はBLものを書いていて人気の人であるらしい。本作ではその要素は主体ではないが所々で見え隠れしているが普段読まない方が嫌悪感を感じるほどではないのではないか。嫌悪感を感じるとしたらダントツであっちの方だろう。

続きを読む

ベルリンは晴れているか

created by Rinker
¥2,090 (2020/07/13 15:24:32時点 楽天市場調べ-詳細)

本屋大賞にノミネートされ各所でも評判の良い本だったのだが自分には合わなかったようだ。いまひとつ乗れなかった。

続きを読む

鴨川ホルモー

created by Rinker
¥616 (2020/07/13 19:34:59時点 楽天市場調べ-詳細)

売れてる本なのに読み損なってたものを読むシリーズ。売れっ子作家 万城目 学氏のデビュー作である「鴨川ホルモー」は圧倒的青春ノベルであった。

続きを読む

羅生門・鼻

羅生門・鼻

世の中の多くの人が知っていることではあるだろうが、芥川龍之介の天才を確認した。削ぎ落として削ぎ落としてありながらエッジが効いた文章は艶やかであり、平安時代を舞台装置に寓話性を持たせた内容は極小の分量にして最大限の効果を持っている。

続きを読む

アマニタ・パンセリナ

created by Rinker
¥627 (2020/07/13 09:10:46時点 楽天市場調べ-詳細)

世界恐慌の噂が世の中を駆け巡る中、ある意味呑気にアル中のドラッグオタクが書いたイケナイ方のオクスリについての本である。

続きを読む

created by Rinker
¥1,870 (2020/07/13 07:43:23時点 楽天市場調べ-詳細)

鯖好きとしてこのタイトルは読まないわけにはいかないと読んでみたが面白い!またもや内容確認しないで読み始めたがグイグイ読ませる。匂い立つような気持ち悪い気配と抜群の読み応えがギリギリのラインでせめぎ合うハードで骨太なノワール小説だ。

続きを読む

騎士団長殺し

created by Rinker
¥1,980 (2020/07/13 11:24:11時点 楽天市場調べ-詳細)

久しぶりの村上春樹である。この人の本は昔からそうであるが、とにかく貧乏人が出てこない。そして、愛情を感じてるんだかそうでもないんだかよくわからない(なんなら行きずりの)相手とすぐにセックスをする。こんな本を思春期に読んで、こんな人間になりたいと思ったり、こんな男(女)と恋愛したいとか思うと、ろくなことにならない。

続きを読む

シャトゥーン ヒグマの森

created by Rinker
¥618 (2020/07/13 08:41:01時点 楽天市場調べ-詳細)

満を辞して(笑)読む羆三部作の3冊目である。偉大なる吉村昭先生の「羆嵐」がある以上、羆を使って小説を書こうと思う作家には最初からかなり高いハードルが設けられることになる。

続きを読む