任侠書房

こんなに面白くて、わかりやすくて、スリルとサスペンス、人情に、仕事や教育までも入れ込んで、話が非常にきれいにまとまる。このシリーズは本当に素晴らしい。これが熟練の作家の腕なのかしら。予定調和だって良いのだ!いやむしろ予定調和サイコー!!ヤクザたちが、まったく畑違いの文化的な仕事で大活躍する「任侠」シリーズ1作目。本作の舞台は出版社。

苦労性で心配性のヤクザ、阿岐本組No.2の日村は、組長の気まぐれな文化的なことがしたい熱に巻き込まれ、潰れそうになっている出版社で役員を任命される。

それぞれの登場人物たちの性格がストーリーの中で自然に紹介され、若干物覚えの悪い私でもスルスルと頭に入る(このシリーズは2作目なのでレギュラーメンバーは知っていたとしてもね)。紹介するぞー!とか話展開するぞー!という作者の意思は感じられず、登場人物たちが勝手に動いているような感じなのに、とても自然に物語は展開する。

本作はビジネス本かのように、組織に属する仕事人の琴線をくすぐるワードが盛りだくさんだ。

PCオタクの構成員テツが、これまた潰れかけの町工場を救うアイデアを見つけた時、日村はすぐに行動する。「ヤクザにとって1番大切なのはとにかく行動することだ。堅気がヤクザに勝てないのは、必死に考えないからであり、すぐに行動しないからだ。」うん、それヤクザじゃなくても大切だよね。ぐずぐず悩んでる暇があったら、必死に考えてすぐ行動!!

町工場のために奔走するテツを見て、不安になる日村。本当にそのアイデアでうまくいのくか?失敗したらケツを拭くのは日村なのだ。だが、日村はテツの行動に水を差すようなことはしない。部下にはのびのび仕事をさせて、失敗したら自分が責任を取る覚悟。これぞ理想の上司。

組長の自由気ままな行動に振り回されても、文句を言うこともなく、一人覚悟を決め、対立するかもしれない組事務所を訪問したり。クライマックスのあのシーンでも危険を顧みず、飛び込んでいったり。日村が仕事が出来て、格好良すぎて、本当に上司にほしい。もしくは結婚してほしい、笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です