八月の六日間

人がすることの中で、理解できない、いくつかのうちの一つが、登山だ。なぜわざわざしんどい思いをして、危険を伴って、山に登らねばならないのか。でも意識しているということは、気になっているということだから、いつか登山したくなってしまうのかもしれない。例えば、こんな本を読んでいると。

主人公は、出版社編集部で、副編集長(途中で編集長に出世)を務める女性。それなりに大人ですので、そりゃいろいろあるのです。で、いろいろあると、山に行きたくなるご様子。

まず、山に行くための準備が、こちゃこちゃしていて面白い。着替え。日用品。登山道具。食糧。

おにぎり、メロンパン、フィナンシェ、月餅、じゃがりこ、チョコレート、ドライフルーツ、コンデンスミルク。お菓子持っていきすぎじゃない?笑。そういうものなのか、彼女の特徴なのか。あの海苔が巻いてあるおかきを、品川巻きっていうこと、初めて知りました。

そして、そこはそれ出版業界の方ですので、必ず本を携帯。海外ミステリー。内田百閒。向田邦子「映画の手帳」。南方熊楠「十二支考」。吉田健一「私の食物誌」。ヴァージニア・ウルフ「オーランドー」。西村美佐子「風の風船」。読書にもTPOがあって、旅行や山登りの時に持っていくべき本、山で読みたい本があるだろうことは理解できます。

なかなか頑なで、仕事にプライドを持って、自分のペースで物事をしたい人。そんな自分に、どこか罪悪感というか問題意識があるようで、彼女にとって山はその辺のチューニングをしてくれるところなのだろう。

単独行であっても、行きかう登山者たちはそれぞれに声を掛け合う。平地ではおせっかいと思えるようなことでも、山では気づいた注意やアドバイスをすることが自然なようだ。作中で主人公は、何度かこのアドバイスに救われる。こういったアドバイスが、即、命に影響する可能性があるってのは、平地の暮らしと大きく違うところ。

忙しすぎて、身体が不調になった時。大切な人をなくした時。愛した人と別れなければいけなかったこと。主人公は、自分と折り合いをつけるために、山に登る。

旅行の計画を立てて、荷物の買い物をして、特急電車に乗りる。
電車内で駅弁を食べ、前のりした温泉旅館で食事と温泉を楽しむ。
早起きして山に出発し、自分のコンディションを見ながら歩を進める。
行き交う人と交流したり、山小屋でご飯を食べたりしながら、目的地へ到達。
山の景色を全身で楽しむ。山を降りたら温泉で一服して帰宅。

非常に魅力的だ。少し山登りがしたくなってしまった。危険な本を読んでしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です