暗殺者の正義

created by Rinker
¥1,123 (2019/08/23 00:17:40時点 楽天市場調べ-詳細)

究極の行き当たりばったりヒーロー。いやもう「生き」当たりばったりと書きたいくらいだ。アンタ主人公じゃなかったら何回死んでると思ってんだと、小一時間説教したい。 続きを読む

短編画廊 絵から生まれた17の物語

暑い夏の朝に読んで眼が覚めるような感覚。鮮やかな切れ味、粋な読み口。短編集のいいところを集め、アンソロジーとはかくあるべきというような逸品だ。 続きを読む

解錠師

created by Rinker
¥1,015 (2019/08/23 03:44:27時点 楽天市場調べ-詳細)

現在と過去を行ったり来たり系小説。たまたま2冊続けて読んだのだが、この手法ってボーッとしてる時期に読むとストーリーにおいてきぼりをくらいがち。もしくは、もともとアタマが悪くて、ついていけてないだけか笑。 続きを読む

沼の王の娘

created by Rinker
¥1,080 (2019/08/23 03:44:50時点 楽天市場調べ-詳細)

これが有能な猟師である父親に憧れる子どもが、父親に猟師としての英才教育を受ける話であればどれだけ良かったか。娘は確かに父親を愛し憧れていたが、父親は彼女の母親を誘拐し監禁して子産ませた人物だった。 続きを読む

暗殺者グレイマン

created by Rinker
¥756 (2019/08/22 17:18:47時点 楽天市場調べ-詳細)

あんまりにも梅雨が梅雨らしくて腐りそうだったので、何か景気のいい派手なもの読みたいと呟いたら教えてくれて人がいたのだ。素晴らしい!これですよ、今、私が読みたかったのは。 続きを読む

私の名前はルーシー・バートン

created by Rinker
¥1,944 (2019/08/22 17:41:47時点 楽天市場調べ-詳細)

なんだこの薄氷を踏むような緊張感の母娘の会話は。一歩間違えると奈落に落ちてしまいそうだ。決して喧嘩をしているわけではないし、難しい話をしているわけでもないのに。 続きを読む

勝手に生きろ!

created by Rinker
¥745 (2019/08/23 05:12:18時点 楽天市場調べ-詳細)

ヘンリー・チナスキーは胸より尻派である。この自伝的作品の著者のチャールズ・ブコウスキーの画像を見るとダメなヘミングウェイみたいで、酒浸りの津川雅彦のようでもある。ええ、そりゃおモテになったでしょうね。 続きを読む