談志楽屋噺

渋谷のパルコのライブショーで、始まったと思ったら、『今日はお前らに覚醒剤の打ち方とセンズリのかきかた教えてやる』。おっかないじじいである。立川談志と言えば、いっつも仏頂面で、なにかあると客に喧嘩売って帰っちゃったり。弟子から授業料だってお金とったり。天才肌で恐ろしくうまいという噺家のイメージ。もちろん、実際の高座を見たことはない。 続きを読む